<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
RECENT TRACKBACK
SEARCH
アクセス

<< ホワイトデーのおかげスウィーツ | main | 春○番 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2016.11.28 Monday  | - | - | - | 

下の子の卒業は少し違う

娘の保育園卒園、小学校卒業は、私にとって初めての子どもで
何もかも親子で初めての体験ばかり、手探り状態で必死だったので、
どちらとも充足感で感無量で涙がでました。

でも、息子の場合はそれプラスちょっと違う。
私は住んでいるところはもちろんのこと、
自分と関わりが出来たことに対してすぐ愛着を持ってしまって、
それはずっと心に残ってしまうのです。
例えばたった3ヶ月短期でしか働かなかった職場にも、
私は愛社精神を(勝手に)持ち、今でも誇りにしています。

そんな私は小学校から大学まで全ての校歌が歌えちゃいます(笑)

で、じつは子ども達の通う小学校の校歌も覚えてるんですが、
息子が卒園・卒業すると、私もそこへ行くことがなくなってしまうんですよね。

それが自分が卒業することのようにものすごく寂しいのです。

保育園の卒園式はもちろんボロボロ泣きましたが、
最後の日である3月31日にお迎えに行ったときにも、
もう私がここに来るのも最後です・・・って云ったら
先生も泣いてしまい抱き合って号泣しました。
(息子は傍で立って待っててくれました(笑))

PTAのお仕事もしていると、していないお母さんより
やった年の分だけ学校へ行く回数が倍以上違ってきます。
で、息子の小学校卒業は私にとってもその小学校を巣立つ瞬間なわけで。


さらにみんなの前で歌うなんてこっ恥ずかしいと言ってる息子が
家で「旅立ちの日に」を練習してるではありませんか!
この曲はTVでもよく取り上げられてる卒業式ソングなんですが、
TVで流れてるのを聞くだけでじーんとしてしまういい歌なんですよね〜。

そういえば、保育園のときは「はじめのいっぽ」という曲を歌ってました。
東京家政大学の新沢先生の息子さんの作った曲でこれも泣かせます。

 はじめの一歩 明日に一歩 今日から何もかもが新しい

困りましたヤバイです。
書きながらもウルウルしています(笑)
2006.03.17 Friday 22:27 | comments(2) | trackbacks(0) | こども日記(小学編) | 

スポンサーサイト

2016.11.28 Monday 22:27 | - | - | - | 
すみえ (2006/03/24 4:03 PM)
はじめまして。
私も号泣のくちです(笑)。
もう、子供の事なら何でもかんでもウルウルきます。
泣いちゃっていいと思いますよ!
雄たけびにならなければ・・・。
後で子供に聞いたら「あれはあれで良かった」と言ってくれました(笑)。

ほうこ (2006/03/27 11:54 PM)
すみえさん、はじめまして!
けっこう号泣ママはいるのかな(笑)
卒業式で泣いてしまうと終わったあとの集合写真が悲惨なので
頑張ってこらえてました!
でも泣かない宣言してた先生が泣いてるし、
泣いてる子も何人もいたのでもらい泣きしそうで、
最終的に校庭で花のアーチをくぐってる息子のそばで
お世話になった先生と話してたら涙が止まんなくなりました。
しばらく涙もろい日々かもしれないです。

学年を超えたお母さん仲間もいるので、
卒業しても遊ぼうね♪って言われるのが
余計に寂しい気持ちになります。。。