<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
RECENT TRACKBACK
SEARCH
アクセス

<< いたばし花火大会2006 | main | テレビのある生活 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2016.11.28 Monday  | - | - | - | 

「道の日」体験ツアー

広報東京都に載っている近年毎年行われてるらしい「道の日」イベントで、
今年は初めて抽選で当たりましたので子どもと3人で出かけてきました。
主催は東京都建設局です。なぜ8月10日が道の日なのかは以下参照。
http://www.mlit.go.jp/event/road/road_.html

午後13時に都庁の第2庁舎ロビー(ロビーは2階なのです!)に集合し、
2ヶ所の見学の順序によってバス2台に分かれて出発です。

私たちが乗り込んだバスは、最初に池尻大橋に建設中の
首都高速中央環状新宿線の大橋JCT(ジャンクション)に向かいます。
http://www.c2info.jp/junction/ohashi/gaiyoupers.htm
ここは大黒JCTやレインボーブリッジ、河津ループ橋と同じく
首都高3号線と地下の首都高新宿線とを2回のループで繋ぐJCTです。
しかし、他とは違うのはここはループを建物の中に入れてしまい、
さらに地下のシールドトンネルと結合させるところにあります。
そして、ここは地上には首都高3号線、地下には田園都市線が接してるため
都内でも珍しい「ニューマテックケーソン工法」という特殊な工法での工事で、
ループからの最下層のトンネルも目下セメントを流してるのを目の前で見たり、
ケーソン工法での遠隔操作のコントロール室も入れてもらえて
なんとも貴重な工事現場でした。


そして、次は環状七号線(通称:環七)の地下に作られた
神田川流域の洪水予防のための調節池です。

環七地下調節池

今日見学するのは方南町にある神田川取水施設。
大雨の際の神田川などの流域(杉並・中野区など)の被害を最小限にするために
河川の水量がピークのとき一時的に取水口から地下に水を引き込んで、
水位がさがったあとでポンプで河に戻すための施設です。
地下46mまで階段を下りて、環七の地下を這うトンネルまで降りました。
トンネルとポンプ室を繋ぐ通路は水圧に耐えられるよう
潜水艦に使うのと同じ扉が2枚使われていました。
ビデオも見せてもらいましたが水の勢いって怖いですね。

今日一日見学者を運んだバスは、都営交通1700台あるバスのうち
たった5台しかない観光バスなんだそうです。
今日の見学は最後まですごかった!(笑)
2006.08.10 Thursday 22:22 | comments(1) | trackbacks(0) | こども日記(小学編) | 

スポンサーサイト

2016.11.28 Monday 22:22 | - | - | - | 
おおがみ (2006/08/17 5:54 AM)
私もツアーに参加をいたしました!
過去、いろいろな場所を観てきた中でも、充実した内容のツアーだったと実感しております。

・・・余談ですが、前日に最接近した台風7号にはヒヤヒヤさせられました。
関東上陸の直前で回避。
日頃の行いがよいからでしょうか(笑)。

もう一度、ゆっくりと参加したいツアーです。