<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
RECENT TRACKBACK
SEARCH
アクセス

<< 「ベリ・デリごはん まるうま」の昼ごはん | main | スタンプラリーの旅@大山編 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2016.11.28 Monday  | - | - | - | 

山口晃『すゞしろ日記』刊行記念トーク&サイン会

丸善丸の内本店・日経セミナールームにて開催された、山口晃氏の新著『すゞしろ日記』の刊行記念〜トーク&サイン会に行って来ました!

先着100名も事前に完売し、当日も開場30分前から入口脇に並んで7番目をゲット。
すゞしろ日記トーク&サイン会
山口氏のトークは、必ずといっていいほど、最初はTV番組とか最近会った人とか3面記事とか、ご本人の興味の赴くまま突然始まる。今日は昨日TVで見たという映画「トラ・トラ・トラ!」の話から。
思いつくままにホワイトボードに絵を書いて説明しながら話が次から次へと、しばしば起こる笑いの中で進んでいく。そして時折、時計をみながら(それも、腕ではなく壇上においた腕時計で確認)後半にようやっと本題の作品や著書についての話。
今回の著書はエッセー漫画が主で、モニターいっぱいに映し出される漫画の解説をしながら、不思議なポージングを実際にやってみせてくれたり、書いてある内容に補足や蛇足をいっぱい付けて、夫婦愛あふれるトークを繰り広げてくれたのでした。とにかく、山口氏の講演は肩ひじ張らない楽しいトークの連続で、一度行った人は、緻密な絵とトークでのギャップの面白さにハマることでしょう。もちろん、質疑応答の際には真面目な質問も飛び交うので、真顔で真剣に答えてくれるところもよいのです。

トーク終了後は、サイン会。
最前列からだったので2列目の私たちは早くに順番がきました。みなさん握手とか写真撮影とかするので、私もサインに握手に写真撮影♪
当分東京での展覧会はないようなので、それまでは「すゞしろ日記」をじっくり読んでます。これ字が細かいので読み応えありです(笑)

すゞしろ日記
UP版すゞしろ日記(第1回~第50回)収録。元祖すゞしろ日記(描き下ろし解説付)をはじめ、各バージョン―美術手帖版・プリンツ21版・OH!ヤマザキ版・さて、大山崎版―のすゞしろ日記が大集合。白州探訪乃記、アトリエ探訪/仕事場リアル探訪、私的ラジオ生活、大相撲観戦乃記、藝術カフェー乃圖、モーニング二十五周年表紙原画など、カラー作品も多数おさめる。

−−−−−−−−−−−−−−−−

このトーク&サイン会に行くにあたって、今回は大阪から夜行バスで駆け付けた女の子と山口氏の話を弾ませながら、昼ごはんをご一緒してきたのでした。
会場の丸善丸の内店が入っている丸の内オアゾのB1フロアで、彼女の好物の中国粥のお店を見つけたので、さっそく入ってランチの海鮮粥セット(+肉まんと小鉢)780円を食べることにしました。
海鮮粥ランチ
最初に持ってこられたときは肉まんがなかったのであなどってましたが、後から来た肉まんが思いのほか大きくて、食べきれませんでした・・・。あと粥は食べ勧めると胡椒がきいていて、途中から辛くなってしまったのが残念。ここの粥はわりと汁気の多いゆるめなタイプです。でもでも、たまには中国粥もいいねぇ。

【屏南(ぴんなん)】
所在地: 東京都千代田区丸の内1-6-4 B1F
営業時間: 10:00〜20:00
TEL: 03-5252-7615  
http://r.gnavi.co.jp/a186405/

【関連エントリ】
山口晃展 今度は武者絵だ! @練馬区立美術館
2009.09.12 Saturday 16:28 | comments(0) | trackbacks(0) | アート全般 | 

スポンサーサイト

2016.11.28 Monday 16:28 | - | - | - |