<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
RECENT TRACKBACK
SEARCH
アクセス

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2016.11.28 Monday  | - | - | - | 

合唱コンクール完了

TS380002001001.JPG

じつは、もう11月初旬で2つの中学の合唱コンクールが終わってました。
どちらも頑張っていたけど、優勝はできませんでした。
地味だけどいい曲で上手だったんで、親の方も残念な気持ちです。

PTAコーラスの方も前日練習までしっかり参加し、
風邪薬を持ち歩いてコンディション整えたので無事に歌い終えることができました。

久しぶりにある目標に向かってモチベーションを保ちつつテンションあげて
コンディションも維持して・・・っていう生活で張りがあったのはいいのですが、
おかげで2校目の出演が終わった翌日に寝込む羽目に(笑)
疲れというよりも、それまで騙し騙ししてたつもりの風邪が、
緩んだ緊張感の隙間からやってきてとうとう陥落って感じです。

ともかくそれ以来、ずっと栄養剤と風邪薬の日々が続いてました(^^;

来年は娘の中学では最後になるし、
息子の方もこのおかげで知り合いが増えて楽しくなってきたし、
またスケジュールさえ都合が付けば引き続き歌って行きたいです!!

なわけで、体調崩してたおかげでたるんできた腹筋もまた鍛えなくちゃ(笑)

人気blogランキングへ ←人気ブログランキングはじめました。応援よろしくデス
2006.11.17 Friday 22:54 | comments(0) | trackbacks(0) | こども日記(中学編) | 

雨の運動会

本日都民の日ですが、こどもの運動会でした。
中学にもなると途中からの雨くらいでは中止せずにやってしまうのね。
PTA競技だけはカットしたけど、それ以外はすべて完了。

雨の中、頑張っている子どもたちを見ていたら動けなくて最後まで見てきました。
応援合戦も、リレーも、むかで競争も濡れながらやってました。
娘のところとは違って華やかさはなくて淡々と進んでいくんだけど
それもまた一生懸命にやってる姿はいいね。

これで2学期最初の行事は終わり。
中間テストが終わったら、つぎは合唱コンクール。

じつはPTAコーラスに誘われたので歌うことになりました。
結構まじめに発声練習とかしてるので合唱部時代が懐かしくなり
腹筋フル稼働で歌声も全開!
歌うってとっても気持ちがいいね♪
2006.10.01 Sunday 20:36 | comments(0) | trackbacks(0) | こども日記(中学編) | 

大江戸舞祭2006

20060913_238791.jpg
東京都が推し進めている「心の東京革命」というのがあるが、
まさに東京の独創的なダンスを踊るこのイベントはその実現に向かっている。

毎年都庁の都民広場・都庁通りで開催されている大江戸舞祭(おおえどまいまつり)というイベント。
http://www.oh-edo.jp/

自分は目にしていないのだけど、この記事が日経新聞の朝刊に載ってたそうで、
なおかつ参加者の中から板一中の子がインタビューされてるようです。
(↑の大江戸舞祭のHPに掲載されています)

「東京ラプソディ」や「丘を越えて」などをアレンジしたオリジナルの曲で
子どもたちが思い切り大江戸ダンスを踊ります。
それが成長する子どもたちの力による「住み続けたいまちづくり」につながっていくのです。

なぜこれを取り上げたかというと、子どもが踊ったからです(笑)

でも参加した連をみるとなにげに板橋区から出場してるところが多いんです。
高島平では「わがまち大江戸舞祭・高島平2K6」というイベントもやってるくらい
地域的に根付いているイベントだったのです。
http://www.medianetjapan.com/2/20/lifestyle/network/

これは高島平地区小地域ネットワークの尽力によるものが大きいんでしょうが、
実際に板橋の多くの子どもたちの真剣に踊るまなざしは見ていてジーンときました。

板橋地区や高島平地区の学校で取り組んでいるところはあるようですが、
他の地域でも運動会や何かで踊ってみるのもいいんじゃないかと思いました。

踊る曲は大江戸舞祭のために作られた曲で踊りも決まっています。
わりと難しそうなのや初めての人向けなど揃ってて、
小学校1年(それ以下?)からも踊って楽しんでいます。

閉会式でも、音楽がかかると並んでいる子ども達が一斉に立って踊りだします。
その前に練習や発表でずっと踊っていたのに、体が動いちゃうって感じで
子ども達にとっていい経験になるんだと見ていて実感できました。
何より素晴らしいのは曲と踊りが決まっているので、知ってる人は誰でも一緒に踊れることです!!

今年初めて知ったけど、これはオススメ!!
来年ももっとこの輪が広がりますように・・・
2006.09.02 Saturday 23:42 | comments(2) | trackbacks(0) | こども日記(中学編) | 

夏休み最後の社会科見学〜首都高中央環状新宿線〜

(社)日本土木工業協会さんが行っている100万人の市民現場見学会に行ってきました。

今回は夏休みの超特別企画の首都高工事現場の親子見学会です。
親子じゃないと参加できないので娘を連れて行ってきました!

午後、代々木八幡近くの区民館に集合して簡単に説明を聞いたあと
複数の親子連れで山手通りの地下30mを掘っている現場の入り口に向かいます。

私にとっては3度目の首都高の現場。
昨年の初台にある代々木トンネル、今月道の日の大橋JCT、
そして今回はその真ん中にあたる部分になります。

20060830_231593.jpg

トンネルと地上を行き来する斜面を降りていくとその先は首都高の道路になります。
その斜面では、測量器を使った体験など、参加した子どもたちも楽しさ満喫です。

今回は前田建設さんの案内でその工区の最下層まで行くことができました。
さすが数々のファンタジーな見積もりをこなすだけあって
工事現場に子どもを入れてくれるという太っ腹なチャレンジをしてくれます。

「前田建設ファンタジー営業部」
http://www.maeda.co.jp/fantasy/

この部分の開通は用地買収の遅れやライフラインの回避などで
平成21年に開通の目標らしいのですが、まだ未定とのこと。
機会があれば何度でも訪れたい貴重な見学ありがとうございました(^_^)v


残念ながらダイアログ・イン・ザ・ダークは都合があわず、
9月に入ってから私ひとりでこっそり体験することになりました(笑)
これで子どもとの夏休み企画はひとまず終了!
2006.08.30 Wednesday 17:03 | comments(0) | trackbacks(0) | こども日記(中学編) | 

読書好き?

夏休みといえば読書感想文。

私は小学校の図書室や図書館で棚読みするくらい本が好きだった。
本に夢中になりすぎるからと親に本を取り上げられたこともあった。
本を読むのが早いのもあって
もちろん読書週間には読んだ冊数はクラスでも毎回上位。

今でもあまり時間がないけれど止まらないと徹夜で読んじゃう。
ハリーポッターも一晩で読む。 <まだ7巻は手付かず(^^;
本を読んで泣いちゃったりするので、
真夜中に一人で号泣することもときどきある(爆)

・・・で、
息子はそれほど本好きではないけれど、
興味のあるものに関してはものすごい集中力で読む。
これは私によく似ている。

今は課題図書の「ビルマの竪琴」に夢中。
どのあたりを読んでるのか質問すると、
延々とそのシーンを事細かに説明してくれる(笑)

ところが。

娘は読むのが遅いし、本の中に入っていけない。
登場人物に感情移入や親近感がわかないのかな。

夏休み特訓と称して、太宰治の「走れメロス」からスタート、
ゴールは夏目漱石の「こころ」の予定なんだけど、
途中で楽しいの織り交ぜようにも娘の趣味がようわからん(^^ゞ
 

 「よく喰らふものの血とならん」

独身時代毎日通った新橋の書店のカバーに書いてある好きなコトバ。
2006.07.21 Friday 16:05 | comments(2) | trackbacks(0) | こども日記(中学編) | 

母校で授業

母校の高校で体験授業があるというので娘と行ってきました。

この日は午前中は公開授業、午後から体験授業をやっていて、
参加したのは数科目の中から希望して授業を受けられる体験授業のほう。

卒業してから間もなく校舎の建て替えが始まったので、
新校舎になってから母校へ足を運ぶのは初めて!
最寄り駅から近道な裏道を通って、3年間通った母校へ・・・

まるっきりガラリと違っていてびっくりしました。
もともと敷地が広いのですが、校舎の中もずっと広くなった感じ・・・
古くてボロボロで学生運動で傷だらけの校舎の匂いはもうしませんね(^^;
(防火シャッターも破損してて廊下は雨漏りもしてたんデスヨ!)

そんなこんなで説明会を一緒に受けて、
教室へ向かう娘を見送ろうと思ってたのに、
いつの間にか雷雨になってるじゃありませんか!
って傘持ってないので先生に勧められるまま
なぜだか一緒に授業を受ける羽目になりました(笑)

先生たちも勝手が違って中学生のレベルの加減がわからないらしく
おかげで雑学とクイズ形式で面白い1時間を過ごせました。

終わった頃には雨が上っていて
帰り道では某有名餃子店で遅いお昼ご飯。

こうやって早いうちからいろんな高校に足を運ばせれば
来年受験のときにも慌てないで済むかな。

でも娘には私の母校に行って欲しいとは思わなくなりました。
どっちかというと娘には合わないと思うので辞めるように言ったし。
校舎がきれいなのは気に入ったそうだけどね。

また秋の文化祭には行く予定です。(私も見たいし)
9月中旬からは文化祭めぐりで忙しくなりそう・・・
2006.07.15 Saturday 22:05 | comments(0) | trackbacks(0) | こども日記(中学編) | 

学校っていろいろ違うのね

なんか気づいたらもう7月じゃないですか。
夏休みに向けた指導も少しずつ始まり、
中学の面談でもなるほど2学期以降に向けたお話をされてきました。
それで、今日はなかなか書くタイミングがなかった話を。


今年は学校選択制度を利用して学区外の中学へ行った息子のおかげで
結果的に2つの中学を比較できたことは収穫でした。
学区と云うより、行政区分まで違う地域だと
かなり学校運営や慣習が違うことに驚きました。

1学期での中間テストの有り無しや、
学校公開日での受付の方法やPTAの委員の数、
お手伝いの集め方、パトロールなどの校外活動のやり方。
先生と生徒、先生と親との距離感や生活指導の熱心度など
とくに娘と息子の中学は共通点が少ないので
違いを挙げたらきりがないくらいです。

中学2年生の移動教室は区立少年自然の家八ヶ岳荘に泊まって、
だいたい現地での活動はどこも大差ないけれど、
1年生の移動教室は学校で捉え方もだいぶ違うんですね。

学校選択制度と前後して1年生はスキー教室になった中学って多いです。
ちなみに息子のところは研修施設で中学生の心得を叩き込まれ、
クラス一致団結を図るという合宿のようなもの。。
娘はその年からスキー教室に変わったので
先生方の試行錯誤が何度も改訂されるお手紙でわかりました(笑)

小学校と違ったPTAの保護者と子どもとの係わり合いも
また味があって楽しいものです。

なんといっても小学校より中学校のほうが
親が顔をあわせる機会が少ないのに悩みは増える!(笑)
反抗期やらカラダの成長、異性関係・・・。
他人の噂が登ってばかりいた小学校時代のPTAの大人気ないこと(^^;

小学校は小学校で楽しく辛く過ごしましたが、
中学校も、たった3年間とはいえ中身濃く過ごせそうです♪
2006.07.05 Wednesday 16:45 | comments(4) | trackbacks(0) | こども日記(中学編) | 
<< | 2 / 3 PAGES | >>