<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
RECENT TRACKBACK
SEARCH
アクセス

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2016.11.28 Monday  | - | - | - | 

抱きしめるということ

数日前に保護者会に謝恩会も無事に終わり、
残すところ小学校に行くのは卒業式を残すのみとなってきました。

保護者会で担任から中学に向けての成長の話などを聞いて
気になってるのが「抱きしめてあげる」ということ。

小学校高学年は女子が男子を上回る精神的成長をするので
男子はどうしても子どもっぽい感じがあるが
中学に行ってから成長するので、
今のうちにちゃんとその子が「とても大事」だということを
抱きしめて伝えてあげないといけないとおっしゃってました。

うちは、どちらかというとハグが大好きな家族なので(笑)
娘も息子も家の中では抱きついてくるし、
いつもぎゅーっとしてあげています。

だから、逆に抱きしめすぎじゃないかと心配になって聞いたのです。
先生は気にせず抱きしめてあげて下さい。といわれました。
そして、親に抱きしめてもらえてないと思われる子がいるので、
あえてお願いしてみたのです、とのこと。
それ以来、どの子が抱きしめてもらえてないと思われたのだろうかと
気になってしまっています^^;

今の時代はとかく言葉に表すということが重要視されています。
小学校などでも「自分の言葉で主張」することが求められます。
その場の空気を読んだり、言わなくてもわかってくれるというのを
期待する方が間違ってるかに思えてくるほどです。
自分の言葉で伝えるのが上手でない子が、
たとえ嘘でも自分の意見として主張できる子たちによって
思いを否定されてしまうことも少なくないのです。

とくに男の子のお母さん。
その子を大事に思ってるなら、
言葉だけでは伝えきれない思いを込めて
今のうちに抱きしめてあげましょう。
2006.03.09 Thursday 14:59 | comments(0) | - | こども日記(小学編) | 

あっという間

それにしても小学校ってあっという間ですね〜。
いろんな活動をやらせてもらったおかげでいろんな友人もできました。
PTAは賛否両論ありますが、
自分のできる範囲でできることをやっていかれれば、
仕事を言い訳にしなくても出来ることはたくさんありますよ!
あとはそれをみんなで認め合う環境ですね。

自分が働いていながら、仕事を理由にされるのが
同じワーキングマザーとしてとても嫌でした。
だから私がいろんなことをやったのは、
私が出来るんだから、あなただって仕事してても出来るでしょ?
っていいたい人がいっぱい居たからです。

ちなみに基本的に月〜金フルタイムな私がやった経歴です。
思い出に浸りつつ書きそろえてみました。

・学童の父母会の会長
・広報の副委員長
・PTA役員を選びだす委員長
・お祭り(バザー)の実行委員
・周年行事の委員
・登校班の世話人(2年連続)
・某スポーツのクラブの世話人

これが小学校在籍してた7年間で引き受けた数々です。
7年間のうち3年は何もやってないわりに
我ながらなかなかやっておりますね(^^;

今年息子のスポーツクラブの世話人さんたちは
仕事を持ちながら誰もそれを口にしなかったので、
とても気持ちよく世話人の仕事ができました。
逆にお世話になりっぱなしだったけど、
これもひとつのいい思い出になることでしょう。

もう卒業を控えて結構センチになったりしています。

で、結論は、仕事をしててもいくらでもやりようがあります!ってこと。
自分で飛び込んじゃって楽しんじゃった方が
子どもと思い出を共有できていいですよん!

2006.02.14 Tuesday 18:56 | comments(3) | trackbacks(0) | こども日記(小学編) | 

写真えらび

3学期になって卒業のことも考えるようになってきた。
まず、謝恩会のスライドで使う写真えらび。
3歳までの写真を明日までにもっていく。

ポケットアルバムに入れてあるのや封筒に入ってるもの、
大小いろんな箱が何個にもなってるので
3歳までの写真を見つける前に違うので寄り道^^

夜になってそんなことをやってたら
みんなが集まってきて見始めて面倒なことに。

前に見たときに適当に入れてあるのが所々出てくるから
新婚旅行のもあれば、私の高校時代のも出てきた(笑)

小さい頃の写真をみると、二人とも可愛い笑顔だ。
(親バカモードスイッチ入りましたw)
さいきんの私は忙しくなってきてるけど、
子どもの笑顔をちゃんと受け止めてたかな、と少し反省。


2006.01.16 Monday 01:29 | comments(0) | trackbacks(0) | こども日記(小学編) | 

東京ミレナリオ2005

これで見納めかと思って行きたかったのだけど、
どうしようか迷ってたら年賀状の写真のついでに行くことになった(^^

昼間は某新聞販売所からもらったナルトの映画を観に、
子どもとその友達を連れて新宿某ホールまで出かけてきました。

そして夕方大手町に移動すると東京駅丸の内南口が最後尾だという。
子ども達と走ってみると、
オアゾのあたりまで来てるのにさらにJR東京駅から人の波がやってくる。

でもここから1時間半くらいで観れるというので並ぶことにした。<最後だし
道路を封鎖するわけではないので、脇の歩道から見る手もあるんだけど、
ミレナリオの醍醐味はやっぱりくぐることだと思ってるので(笑)
ちゃんとど真ん中狙いの位置で列の中を流されていきました。

ミレナリオ2005

帰りは東京国際フォーラムの方へ向かってみました。
中庭にも小さいツリーが点灯してました。
地下の展示場がフードコートになってたのでそこで夕食を取って帰宅。
6時に並びはじめてから夕食にありついたのが8時過ぎ。
今日はものすごく一日中歩いてました。クタクタです。
2005.12.30 Friday 23:13 | comments(3) | trackbacks(0) | こども日記(小学編) | 

子どものためのダイアログ・イン・ザ・ダーク

青山こどもの城

最終日のに参加するため「青山こどもの城」まで行ってきました。
当初は事前に申し込んでいた娘だけだったんだけど、 <抽選で完全予約制
青山子どもの城だったら息子も遊べていいと思ったので
3人で出かけることになりました。

娘が参加してる間に息子と館内を巡ってましたが、
館内放送でキャンセル分の参加者募集を聞きつけて
すかさず息子も次の回に参加することになりました。

参加できるのは小1〜高3までなんだけど
今日は小学生が圧倒的に多くみられました。
「暗闇」というのに怖がってしまっておびえてる子や、
わくわくしちゃってる子、
終わってからの振り返りの時間もみんな楽しそうでした。
この体験は一人一人感じ方が違うと思うけど、
二人とも前回とは少し違うプログラムを楽しんで戻ってきました。

そして案の定二人とも初めて利用した青山こどもの城を
とても気に入ってプレイルームで本気で遊んでました。おいおい(^^;

行き帰りに使った表参道の駅は「エチカ表参道」という
駅地下スペースに専門店が入ったエリアになったんだけど、
どこもとても混み混み^^
http://www.tokyometro.jp/echika/

紀伊国屋が仮店舗で青山方面で営業してたため寄れなかったのが残念。
2005.12.18 Sunday 20:55 | comments(2) | trackbacks(0) | こども日記(小学編) | 

土木の日

最近、社会科見学に足を踏み入れておいます。
もともといろんなことにすぐ興味を持つタイプなので
好奇心が出歩かせてるのもあるんですが、今回も。。。

午前中は息子が学校行事だったので、
息子を校門で待ち構えてダンナの運転で赤羽へ連行。 <ランドセルはダンナが持ち帰りw
息子には話す間もなく立ち食いソバで食べさせて、宇都宮線に飛び乗って大宮まで。
まだ息子はどこへ連れて行かれるのか知りません(笑)
大宮で東武野田線に乗り換えて、下車駅だけは教えました。

ついたところは春日部から2駅目の「南桜井」
今日の目的地はここから特別の送迎バスで向かいます。

今日は「土木の日」イベントで首都圏外郭放水路の貴重な公開日。
(※土木の日は11月18日)
普段は予約制の月に数回の特別公開のみなので、
このチャンスを逃すとなかなか見れません。

この首都圏外郭放水路は、
中川、倉松川の洪水の一部を地下トンネルに取り込み、
江戸川に排水している、地下50mを流れる世界最大級の放水路。

首都圏外郭放水路

画像は、別名「地底神殿」と呼ばれる調圧水槽です。
ここはウルトラマンや仮面ライダーの撮影も行われたというとても非日常な空間。

今回は調圧水槽の洪水を吸い上げる羽根車も見れて、
なおかつ吸込み口壁面に落書きもしていいと!
もちろん書いて来ましたよ〜。

フルートやマンドリンの演奏も響いて不思議な体験でした。

【首都圏外郭放水路】
http://www.g-cans.jp/
2005.11.19 Saturday 14:07 | comments(0) | trackbacks(0) | こども日記(小学編) | 

箱根の岐路・息子ひとり旅

箱根オフ旅行の帰り道。
電車好きの息子が、みんなで立ち寄った大涌谷から、
ロープウェイで帰りたいと言い出した。
当然、ロープウェイからの帰り方はいきなり説明できないので却下。
そしたら、私たちがポーラ美術館に行ってる間に相方と話がついてて、
御殿場からひとりJRで帰ることに決まっていた。

となると、御殿場インターから東名に乗る前にお昼。
そして、JR御殿場駅で山手線内までの切符を購入してあげ、
おやつ用のプリッツと電話代、巣鴨からの電車賃を渡して改札でバイバイ。

御殿場からは直通がなくて、国府津で東海道線に乗り換えないといけない。
東京駅で電話入れるように言ったが、連絡無しで心配してたら
買い物をして帰った私たちより早く家に着いていた・・・。

本人はたいそう満足げ。
まぁ無事に帰ってこれてよかったけれど。

いつも思う、この行動力が別のところで生かされないかと(笑)
2005.11.06 Sunday 23:59 | comments(2) | trackbacks(0) | こども日記(小学編) | 
<< | 2 / 5 PAGES | >>