<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
RECENT TRACKBACK
SEARCH
アクセス

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2016.11.28 Monday  | - | - | - | 

広島の旅(1日目)

10月の頭になりますが、オットと広島に旅してきました。
私にとっては初めての広島!オットは30年ぶりだそう。
オットが楽しみにしてるようなので記事にします(笑)

新幹線の始発ののぞみで東京を出発。三田線の始発に乗るとちょうど弁当を買って乗り込めるんだけど、私が前日までの残業続きのせいで岡山を過ぎるまで爆睡してる隣でオットは朝の6時からもうガッツリ食べて飲んで…。
広島・宮島

広島に行く前に立ち寄ったのが、三原から呉線で3つほどの忠海駅。
ここはこの何年かウサギの島として有名になった大久野島へ渡る船が出るので、それなりに乗降客がいます。

ただし、忠海へは別の用事で来たので、予定の時間まで駅の近くのこじんまりした商店を見ながら散策。さすが時期終盤というのもあってか、地元価格がビックリするほどお得になっていて、旅の初日じゃなければ買い込んだのに!となり、朝採りのイチジクを部屋でのおやつ用に購入するのみで我慢。
広島・宮島


で、ですね。時間になって行った目的の地は、アヲハタのジャム工場。
広島・宮島

ここでジャム作ってきました。ブルーベリージャムの日でした。
広島・ジャム

旅の初日から一人当たりビン4個のジャムお持ち帰りです(笑)
広島・ジャム

ジャムを作った後は、まっすぐ広島に向かい(その車中も爆睡)、ホテルにチェックインしてから夜ご飯も食べずに宮島に急ぎます。

ギリギリ間に合って、夜間ライトアップされた厳島神社の大鳥居を見に行くクルーズに参加したんだけど、船で大鳥居をくぐってきました!この日通れたのは、私たちが乗った最後の便だけだったそうで腹は減ったけど超ラッキー!
広島・宮島

この日は朝早くてクタクタだったので、これでおしまい。
 
2015.10.03 Saturday 22:54 | comments(0) | trackbacks(0) | 旅のきろく | 

長崎旅行(4日目) 佐世保〜さよなら長崎

ホテルをチェックアウトしたけれど、そのままフロントに荷物を預かってもらって、今度はたまたま今日やってると知った海上自衛隊の佐世保基地の艦艇一般公開に行ってきた。

佐世保
はじめてiPhoneのパノラマ撮影ってので撮ってみた。

佐世保
実際に乗船見学できたのは、掃海艇「やくしま」
佐世保
ミリヲタではないので掃海艇って初めて耳にしたんだけど、どんな役割の船なのかを知っただけでも収穫。

佐世保
暑いので売店でアイス買った。いきなり団子の最中ってのも九州だよなあ。

佐世保
そしてそして昼ご飯!昨夜も食べに来た「ささいずみ」のランチメニューがお得だったので、また行っちゃいました!

佐世保
活きあじ造り付ささ御膳!1,400円であじの活造りと天ぷらの定食、そしてデザート付き!やっぱり予約なしはカウンターだったんだけど、タイミングよく空いた座敷に通してもらえてゆっくり食べられてよかったー!このランチはおススメです。

佐世保
食後はまた商店街で土産にする農産物を物色ですよ。スーパーも3軒回って、夫に頼まれた袋ラーメンを大量に買ったり時間いっぱい佐世保を楽しみました。

そして、佐世保からJRでハウステンボス駅に向かいます。
ハウステンボス
改札からもうハウステンボスになってるよ。

ハウステンボス
駅舎がこれだもんな。ハウステンボス駅って日本語どこよ。

ハウステンボス
駅から橋を渡った向こうはパスポートが必要かもしれない。
ハウステンボスは全く寄る予定にしてなくて、ガイドブックの綴じ込み付録のハウステンボスマップも捨ててきちゃったくらい興味なかったんですけどね。最後の移動のためにここの港に来る必要がでてきたんですよ。

ハウステンボス
まあ、せっかくなので少しは阿蘭陀気分になりますかね。

・・・というわけで。

また最後も船です!ハウステンボスから長崎空港まで船で行けるんですよ。
針尾
わざわざ大浦湾まで船で・・・と思うかもしれませんが、今回時間がなくて行きたくて行かれなかったところを船から見て我慢するための作戦なのです。
何を見たかったかというと、大正時代に建てられた古さと高さで日本一の国重要文化財でもある旧佐世保無線電信所(針尾送信所)なのです。3本立ってるの見えますよね!それです!見れてよかった!
ここ車(と時間の余裕)がないと行かれなくて、今回泣く泣く断念したんですけど、調べてくうちに船から見えるのではないかと推測して、前日に佐世保から長崎空港までバスで行くルートを変更したってわけです。

長崎空港
そうして、船は長崎空港に着きました。このあとスカイマークがなぜか神戸を経由するとかで神戸の夜景も少し楽しめて(夕方のニュースで麿のお姿も拝めて)、そのかわり1回分余計に苦手な離陸を味わって帰宅できました。
九州大陸に初上陸だった私を、飛行機では励まし、朝も起こしてくれて、世話をかけつつも旅を一緒に楽しんでくれたO女史には本当に感謝でいっぱい!同級生ってこともあって気を使わない好奇心も大満足な旅でした。天気もずっと良くていうことないね!

おわり
2014.05.03 Saturday 18:17 | comments(0) | trackbacks(0) | 旅のきろく | 

長崎旅行(4日目) 佐世保朝市

おはようございます、佐世保の朝は早いんです。
前の晩はアルコール摂取も控え、朝4時には起きましたよ。
当初プランニングしていたときは佐世保から池島入りして長崎という行程だったのに、佐世保で朝市やってるという情報を伝えただけで、帰りのお土産のためにルートを全て逆で仕切りなおしてくれた早起きのO女史には敬服するばかりです。

佐世保朝市
佐世保駅から歩いて5分ほど。来る途中で誰にも会わなかった(笑)

佐世保朝市
おおーやってるやってる!静かに始まってる!

佐世保朝市
仕入れて果物屋を開きたいくらいの安さで捕らぬ狸に興奮しちゃったよね。

佐世保朝市
どれを連れて帰ろうか目移りして仕方ない、仕方ないよ。

佐世保朝市
魚介はさすがに無理だとわかっているけれど・・・

佐世保朝市
でもやっぱりその土地で採れるものは気になるんです!

佐世保朝市
せっかくなので、買い物をするまえに市場の隅っこにあるオバちゃん一人でやってる食堂で腹ごしらえの朝食。そばが1種類しかないのに丸天とかちゃんぽんがあるのがいかにも長崎県だよね。

佐世保朝市
O女史は丸天うどん、私は天ぷらうどん。うどんは手鍋で煮込むタイプらしく、出てきたときに汁がほとんど無くて食べるのに難儀しました。天ぷらが吸ってしまうのも止められなかったのが失敗。

佐世保朝市
そんなこんなで、またホテルに戻る途中で長崎駅を通ったときに、昨晩から気になってた松浦鉄道のホームまで行ってチラ見してきました。ゆいレールが出来るまでは日本最西端の鉄道だっていうじゃないの。走行エリアも佐世保から平戸経由して伊万里までって、乗るだけで楽しそう!いつかこれ乗って旅するのもいいなぁ。

つづく
2014.05.03 Saturday 18:08 | comments(0) | trackbacks(0) | 旅のきろく | 

長崎旅行(3日目) 佐世保へ

午後の炭鉱ツアーの座学で池島炭鉱への造詣を深めたところで、次の目的地の佐世保に向かう船を待ちます。

池島
待合所の前は猫だらけ。猫が入ってくるから開放厳禁とまで注意書きがされてるんですが、この猫たちの寝床はどこなんだろう。

池島
今回は船移動を存分に取り入れてるので、大瀬戸・神浦へは渡らずに船で佐世保に直行します。

佐世保
GWとはいえ、平日金曜の夕方はガラガラ。そして水戸黄門やってた。

佐世保
長崎港では帆船やフェリーだったので、佐世保は軍港なんだなと実感。

佐世保
駅前のホテルにチェックインして、すぐさま商店街を探検しに。アーケードがある商店街が3つも繋がってて結構遠くまで歩いていけるので、途中まで行って一度引き返して夜ご飯。

佐世保
検索して気になった「ささいずみ」という店に。予約なしはカウンターのみと言われるくらい予約客で満席状態。佐世保はイカが旨いというので活造りで。もちろん睨みも効いてます。

佐世保
鯛のあら煮。

佐世保
イカの活造りのサービスで天ぷらにしてもらいました。

佐世保
すり身揚げ。全てノンアルコールで美味しくいただきました。

佐世保
そして、スーパーを物色しに商店街へ来たものの、閉店早くて間に合わず。

佐世保
商店街の途中に何か気にかかるものがあって確認したら、高架下建築だった!確認したら松浦鉄道という第3セクターの路線らしい。松浦鉄道気になる。

つづく
2014.05.02 Friday 12:26 | comments(0) | trackbacks(0) | 旅のきろく | 

長崎旅行(3日目) 池島炭鉱さるく

半日いただけですっかり池島好きになってしまいましたが、一泊したらもう出立の日です。池島中央会館では調理室で自炊も出来ますが、前日のうちに「かあちゃんの店」に朝ご飯をお願いしていたので、トボトボと食べに行ってきました。

池島
朝からガッツリな雰囲気。食べ終えて満腹です。みそ汁が美味しかった〜!

池島
トイレを借りに仕切り板の向こうへ行くと、店の名残がそのまま残骸になっています。池島炭鉱の最盛期はものすごく混んでいたっていうけど寂しい。

池島
仕切り板には池島を訪れたいろんな人が記念に描き込んでってるそうです。イラストレーターの開田裕治氏の絵も。というか皆さん絵が上手い。

池島
言われるまま私たちも「かあちゃんの店」の来店記念に描いてきました。

池島
昨晩Bar池島で一緒になった局長さんにご挨拶。このあと簡易郵便局になってしまって局長さんも異動になったそうです。記念の絵はがきを買いました。

池島
そして、池島港の待合所に大きい荷物を預けにくると猫だらけ。池島は猫が多いんですよね。

池島
荷物を預けたあとは、日本で唯一見学が出来る池島炭鉱ツアーに参加します。朝ノンビリしてて朝食が遅かったのに、座学でスライドみたあとにすぐ炭鉱弁当が配られました・・・。さすがに食べ切れなくて半分も残してしまって反省。朝ご飯は早目に済ませることをおススメします。(O女史は5時に起きて散歩して菓子パン食べてTV見て、それから私を起こして朝ご飯食べたのに弁当完食したことをここに記しておきます)

池島
地上部からトロッコに乗ってトンネルに入りました。

池島
全員、池島炭鉱が現役のときに使われていたライトとそのバッテリーを背負って坑内を歩きます。もう海底部分のトンネルには入れないのですが、それでも九州最後の炭鉱として平成13年(2001年)に閉山されたばかりなので、十分リアリティのある見学でした。
たまたま手を挙げたら、ドリルを実際に使って穴をあける体験をさせてもらえたのが超超超ラッキー!岩に穴を開ける感覚がまだ腕に残ってます!

池島
お弁当をいただいたときに配られたのですが、記念切符も可愛いです。

炭鉱ツアーが終わって、まだ佐世保行きの出航まで時間があったので、見学担当の方にお願いして入れ替わりでやってきた午後のツアーに混じって、座学のビデオに同席させてもらいました。ビデオ見て、炭鉱に実際に入って、またビデオを見るとものすごく勉強になった感じがします。
池島炭鉱見学は日帰りでも参加できるので是非!

池島炭鉱 坑内見学ツアーについてはこちら→ http://blog.ikeshima.info/post/22639754186/kengaku

つづく
2014.05.02 Friday 12:20 | comments(0) | trackbacks(0) | 旅のきろく | 

長崎旅行(2日目) 池島たんけん

やっと。やっと来れました池島。ぐるっと池島を探検します。

じつは池島すごい島なのでいろいろと記事やまとめがネット上にありますが、ここは大好きなデイリーポータルZの記事を2つ紹介します。
島全体が廃墟へと向かってる島
日比谷線に乗って炭鉱へ行く感じ〜池島すてき!〜 ←大山顕さんのは今年の記事!

とにかく今回は、友人であり長崎地域おこし隊で池島に赴任している小島健一氏の 九州最後の炭鉱〜池島より にお世話になりました。現代の池島の必読書です。

それはまぁともかく、池島に着いて周りを見回す余裕もなく、船が着いて定員いっぱいになったら走り出しちゃうというコミュニティバス(という名のワゴン車)に慌てて乗り込み、まずは宿泊予定の池島中央会館まで連れて行ってもらいます。山の上のような場所にあるので荷物持って歩くのは大変。旅行者だとわかると島民の方は急いでないからと、ルートを変えて先に降ろしてくれました。チェックインして部屋に荷物を置いたところで、小島氏とロビーで何年かぶりの再会!

こっからはとにかく徒歩です。
池島
軍艦島も炭鉱従事者やその家族が住む団地が島中に建ってましたが、ここも炭鉱住宅というか団地です。8階建てでエレベーターは無いので、下まで降りなくていいように5階部分に通路があり横に繋がっています。

池島
さらに進むと池島で唯一の信号がありました。

池島
その先には小学校と中学校。

池島探検
中学校の脇を抜けた四方山の中腹に池島神社ってのがありまして、さらに脇道から登っていくと池島で一番標高の高いところに出られます。北側は斜面なので高所恐怖症にはちょっと怖いです。
池島探検
でも眺めはいい!

池島探検
反対側も団地ビューだし!

池島探検
長崎市本土も見えます!なんたって団地ビュー!

池島
山を降りてからは炭鉱住宅の反対側に回ってみました。斜面沿いに建っているのでこちら側からだと5階部分に渡れます。

池島
先ほどの池島最高峰よりは低いんですけど、展望台もあります(展望台は腐食が激しいので昇るときは注意です)

池島
展望台は団地エリアにあったので、団地の中を抜けつつ坂を下っていきます。

池島
池島で避難するときは参考に。

池島
ずーっと南側の道を迂回して港に戻ってきました。

池島
炭鉱で採掘された石炭を船に積む石炭船積み機(トリンマー)が残ってます。


池島
船を下りてすぐコミュニティバスに乗ってしまったので、島を一周してから出会ったちょっと怖い「ようこそ」

池島
池島には商店が今はもう一つしかないので港の回りにある団地には移動販売車も来てます。

池島
港のそばにある銭湯。池島にはもう2ヶ所しか残ってないうちの一つ。

池島
反時計回りに島を廻って、港から徒歩で最初の方でみた信号の脇を左に上がると池島ショッピングセンター。もう「かあちゃんの店」しか残ってないです。

池島
かあちゃんの店で遅いお昼ご飯。ちゃんぽんを頼む人が多いと聞いたけど、ちゃんぽんは前日に堪能したのであえてオムライス。

池島探検
遠くは雲がかかってしまったけれど、夕日の沈むグラデーション。波の音しかしない。もっと晴れていると五島列島も見えるんだって。

池島探検
さて、夜は何年かぶりの再会を祝して、対岸の神浦漁協(最初に船に乗ったところ)から取り寄せた刺し盛りで乾杯!池島では炭鉱があるために島の回りで漁業が出来なかったために漁師もいないので、刺身を食べたいときは注文してその日の最終の船で届けてもらうんだそうです。今回は小島氏がせっかくだからと事前に頼んでおいてくれたために、ありがたく長崎で初めての刺身にありつけました!

池島探検
場所は、現在唯一の酒店であるひろせ酒店(2ヶ所あって同じ人が時間をずらして営業している)で角打ちできるんですが、夜は郷地区で開店してる通称・Bar池島。みんなで色々食材を持ち込んでみました。キュウリ、納豆味噌、らっきょう漬けは私たちが長崎市街で買ってきたもの。

池島探検
銭湯好きとしては気になっていたので、Bar池島での宴会を途中抜けて、港に近いほうの銭湯へ。女湯の方が広いんですよね。

池島探検
夜22時を過ぎてから、宿泊先の池島中央会館まで送ってもらいました。池島中央会館には、以前にここでイベントが行われた際にイラストレーターの寺田克也氏が池島をテーマにライブペインティングした絵がロビーに飾ってあります。写真うまく撮れなかったので、観たい方は池島へ!

つづく


2014.05.01 Thursday 12:13 | comments(0) | trackbacks(0) | 旅のきろく | 

長崎旅行(2日目) 池島へ

思い出したように続きです。
長崎市街地に一泊し、この日は今回の旅の目的である池島に向かいます。
池島に船で渡るルートがいくつかあるのですが、一番早く池島に着くルートは大瀬戸港からだったので、そこまでバスに乗ります。
そのバスがホテルの近くのバスターミナルから10時20分発だったので、それまでまた徘徊しました。
 
長崎2日目
朝食はベローチェで食べて、そこからぶらぶらとスーパーめぐり。長崎のスーパーって8時から開いてるんですね。S東美というスーパーは9時から。

長崎2日目
ダイエー銅座店も8時から23時でした。とにかく練り製品コーナーが東京と比べてデカイ!

長崎2日目
九州でしか流通してない九州のパンメーカーを物色。イケダパンとかフランソアとか初めて見るメーカーだけど、添加物に気を使っていたりして好感持てた。
参考までにフランソアのパンはakkoちゃんの「にんにき日記」の記事で。

長崎2日目
もちろんそれらのパンはバスの車中でおやつに食べました。なんたって2時間は乗る予定なので、バスが到着するころにはお昼過ぎ、小腹対策としては当然ですよ(笑)

長崎2日目
パンを1本食べたころ、山を抜けて海に出ました。いい天気!

…じつはこの辺りですでにバスが数分遅れていて、このペースだと大瀬戸港からでる連絡船に乗れないという恐ろしい事態になるかもしれないところでした。とにかく連絡船はバスの到着にかかわらず出航してしまうらしく、乗継ぎ時間を見越していたのにバスの運転手に無理かも…と言われちゃう始末。そこでO女史が連絡船の会社に急遽電話して相談し、池島到着は遅れるけれど大瀬戸より手前から別航路の連絡船に乗ることになりました。
池島
本来は西海市役所のもう少し上の辺りからの予定が、下の横線の航路に変更。

そしてついたのは、神浦(こうのうら)。ここのフェリー乗り場で1時間あまり待つことになり、池島の友人からフェリー乗り場から程近いところに酒造があるから見てくればとアドバイスが来たので荷物をO女史に見てもらって一人で行ってきた(笑)

長崎2日目
近いっちゃ近いんだけど、橋を渡ってから急な坂道を登ってやっと着きました。「霧氷酒造」さんの入り口はここから左に入っていきます。

長崎2日目
霧氷酒造さんは、昨日の軍艦島クルーズのところでも売っていた「軍艦島」という名の焼酎を造っている酒蔵さんで、このほかにも地元だけで流通してる焼酎などもありましたが、瓶が重たいので画像だけにしました。わざわざ出迎えて直売店を開けてもらったのにすみません。買わないのに蔵の見学ができるかも聞けなかった…

長崎2日目
下山というくらいの急坂からフェリー乗り場に戻ると、係りの人が出航前にやっと切符を売りに来ました。下山してきたときに気づいたけど、フェリー乗り場の上がレストラン兼ホテルだった。どちらにしても意地でも池島でお昼ご飯にしたかったので食べなかったと思うけど。

長崎2日目
そんなこんなで無事に出航。やっぱり天気がいいと嬉しい!待合室から一緒だった池島に住んでるおばあちゃんが、すたすたと船員さんの休憩室に荷物置くように教えてくれたので、重たい荷物を置いて上のデッキにあがってこれました。

長崎2日目
池島が見えてきた。港は向かって右手になります。

長崎2日目
昨日の軍艦島と同じ炭鉱の島なのに全然違う。
そしてやっと念願の池島に上陸します!

つづく
2014.05.01 Thursday 08:56 | comments(2) | trackbacks(0) | 旅のきろく | 
<< | 2 / 5 PAGES | >>